仕事の進め方

40代で派遣社員になった!緊張の出勤初日のレポートと立ち居振る舞い方

Ryohei

長年正社員で働いた会社をうつ病になったため退職し、40を超えてから派遣社員として働く既婚の父。40代でも派遣社員として活躍できることを実体験をベースにシェアしていきます。

40を超えて派遣社員となった僕ですが、出社初日は色々大変でした。

派遣先はいいところで恵まれていたものの、やはり出社初日は誰でも緊張するものです。

実際僕も初日はかなり緊張しました。

この記事では、40代で派遣社員に飛び込んだ僕の派遣初日の体験談をまとめています。

実体験をもとに書いているので、派遣社員としてがんばろうという方には参考になるはずです。

派遣先への出勤初日は緊張の嵐

何歳になっても仕事の初日は緊張するものです。

正社員ほど責任を問われることがない派遣社員ですが、それでも仕事場に慣れるまでは時間がかかります。

まして、出社初日は右も左もわからない状況なので緊張はつきものです。

派遣社員1日目は『身を任せる』のみ

派遣社員1日目は特に何をすることもなく、1日が過ぎました。

ほとんどの会社が1日目は仕事の流れや簡単な仕事をすることが多いです。

まずは、仕事場に慣れるということが一番大切だからです。

初日は職場の責任者と1日一緒にいることが多いよね。

仕事の内容や雰囲気を掴むことを目的として、実作業はそれほどしないことが多いです。

そのため、教えてくれる責任者や社員さんの話をしっかり聞いておきましょう。

とにかくいろんな人に挨拶をした

初日は緊張しまくりでしたが、1つ意識したのはいろんな人に挨拶をするということです。

職場で働く人ほぼ全てが初対面なので、いきなり打ち解けて話せることは難しいですよね。

名前も知らない人としゃべるのはハードルが高いので、簡単な挨拶から入ります。

挨拶されて嫌な顔する人は少ないからね。

単純接触効果という心理学上の言葉がありますが、人は何度も会ったり話したりしている人のことを無意識のうちに受け入れるものです。

中には話してくれる人もいるものの、普通の人ならすぐに話せるようにはなりません。

時間をかけて打ち解けていくのがポイントです。

40代になって派遣社員として働いた1日目の流れ

物流センター派遣初日

40代から飛び込んだ派遣の世界で、無事1日目を過ごせました。

僕自身が初日にどう振る舞っていたか・派遣初日の流れをご紹介します。

派遣元の営業さんと出社

出勤初日は派遣元の会社の営業さんと一緒に行きました。

仕事が始まる20分くらい前に集合して、そこから派遣先の会社へ行きます。

事前に持ち物や不安になりそうなことがあれば聞いておくといいでしょう。

派遣元の営業さんは基本すぐ帰るからね。

約束の時間よりも5分ほど早めに集合場所に到着しておくといいと思います。

責任者の方との話・受け入れ教育(座学)

派遣元の営業さんが帰ると、派遣先の会社の責任者から受け入れ教育を受けました。

会社の概要やしている仕事のこと・毎日の仕事の流れを教えてもらいます。

基本は座学ですが、途中現場へ行って話すこともありました。

座学の研修は長くて退屈になるけど、堪えるんだ。

僕の場合は2時間ほど座学がありましたが、派遣先の会社によって変わります。

就業先の部署で現場作業

座学が終わると、現場作業へ移りました。

僕の場合はフォークリフト作業だったので、現場へ行って簡単な説明を受けます。

その後、責任者の方が一旦離れて教えてもらった仕事を進めました。

責任者の人は忙しいのか、気がついたら消えてた笑

近くにいる人に聞いたりしながら作業が終わると、再び責任者が現れました。

当たり前ですが、何をすればいいかわからない状況なので教えてくれる人のそばにいるしかありません。

まずは、1日を乗り切ることを考えていました。

派遣生活1日目の素直な感想

派遣生活1日目が終わりましたが、普通に緊張して気疲れした1日でした。

たいして動いていないのに、結構疲れます。

40代から派遣社員の世界に飛び込んだ僕の素直な感想をまとめました。

当たり前だがすぐに話してくれない人もいる

派遣初日に社員さんや他の派遣社員の方と話すことがあります。

ただ、一気に名前を覚えることは正直難しいというのが本音です。

中には話しかけてもしゃべってくれない人もいました。

そういう人は人見知りなんだと思っておこう。

一緒に仕事をしていくうちに、話せるようになってきます。

こちらが苦手というオーラを出すと、相手にも伝わるものです。

そのため、苦手オーラを出さず接するようにしましょう。

最初はとにかく聞くことが大事

話してくれない人もいますが、こちらから話しかけることが先決です。

いきなり知らない人と世間話はハードルが高いですが、仕事の話ならできますよね。

派遣初日はわからないことだらけなので、仕事ネタの話が使えます。

仕事のわからないこととか聞くと、いいきっかけになるよ。

仕事内容や忙しい時期・時間帯など、聞くと話は広がるものです。

相手によっては向こうから話を振ってくれることもあるので、まずは仕事の話を使っていきましょう。

時間が経つのが遅く疲れる

慣れていない仕事場で過ごす1日はとにかく長いです。

仕事で忙しくバタバタしていると時間は一瞬ですが、ひまな時ってなかなか時間経ちませんよね。

特に初めての職場だと、することを探すので必死になります。

指示とかもらえないと、何していいかすらわからんもんね。

ぼけーっとつったってるわけにもいかないですし、まわりの目も気になります。

そういうものだと割り切っておくと、意外と楽かもしれません。

派遣社員初日に準備しておくこと・心構え

派遣初日に準備しておくといいことをいくつかご紹介します。

実際に僕が派遣生活1日目に感じたことなので、参考になるはずです。

派遣社員として仕事へ行く前の方はもちろん、派遣を検討中の方も参考にしてください。

ポケットに入るサイズのメモを持参する

一番大事なのが、メモ帳を持っておくことです。

さすがに初日なので、メモを取っていなくて怒られるようなことはありません。

しかし、何度も同じことを聞くのは嫌がられます

1回で覚えられないのは仕方ないけど、メモしておけば2度聞くことはないからね!

何かを教えてもらう時にメモを取っておくと、相手の印象も良くなります。

100均でも売っているので、ポケットに潜ませておきましょう。

十分に睡眠を取っておく

派遣初日は、ほとんどの会社で座学のような受け入れ教育があります。

緊張していても話を聞くだけの時間が続くと、眠くなることも‥。

僕が行っている職場では、初日の受け入れ教育でプロジェクターで説明を受けました。

部屋は暗くなるし、1時間近くあるわで睡魔との戦いだった。。

眠気がこないように、初日前日は早めに休んでおくことが大切です。

朝もできるだけ早く起きて、目を覚ましてから行くようにしましょう。

約束の時間よりも少し早めに到着しておく

初日は派遣元の会社の営業さんと同行で行くことが多いです。

挨拶だけ済ませてすぐに営業さんは帰りましたが、事前に合流してから会社へ行きます。

約束している時間の5分前には到着しておくようにしましょう。

渋滞など、予測不能の事態で遅れてしまう可能性があります。

初日から遅刻とかはかなりヤバい。

時間帯など混みやすい道を避けるなど、できるだけ早めに着くようにします。

早く着く分には問題ありませんが、遅れると精神的にも疲れます。

話しかけるよりも挨拶を優先的に!

初日は無理して話しかけるよりも、挨拶をすることを心がけるといいです。

初対面だとなかなか話すのは難しいですが、挨拶くらいなら気軽にできますよね。

まずは、挨拶して顔を覚えてもらいましょう。

挨拶されて嫌がる人は少ないからね。

休憩で一緒になったり時間がある時に、話しかけてみるのもアリです。

仕事を教えてくれる人であればいつも一緒なので、その人まわりの方と話していきましょう。

仕事に慣れてきたら、苦手だと思う人でも少しずつ話せるようになってきます。

40代派遣の初日のレポート【まとめ】

40代から派遣というとちょっと‥と僕自身構えていましたが、いざ行ってみると同じような人はたくさんいました。

むしろ、僕より年齢層の高い人も多くて安心したほどです。

若い年下の人もいましたが、年上の人がいると自然と敬語になるので話すのも楽ですよね。

派遣初日は無理せず、気楽に構えておきましょう。

日が経つにつれて職場の人とも話せるようになりますし、仕事にも慣れてきます。

緊張するのは最初の1週間ほどです。

一番効果的なのは、仕事を教えてもらう時にメモを取ることだと思います。

簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryohei

長年正社員で働いた会社をうつ病になったため退職し、40を超えてから派遣社員として働く既婚の父。40代でも派遣社員として活躍できることを実体験をベースにシェアしていきます。

-仕事の進め方

© 2021 40代派遣男が奮闘するブログ Powered by AFFINGER5